お肌を傷つけない洗顔のコツ

毎日行う洗顔。あまりにも日常に密着しすぎて、ワンパターンなやり方になっていませんか?しっかり洗えば洗うほど汚れが落ちると信じて、強く肌をこすったりしていませんか?外気に常に触れている顔はダメージにとても敏感。正しい洗顔方法を見直して、コンディションの良いお肌を保ちましょう。

 

(1)お湯で毛穴を開く
お湯を張った洗面器を置き、湯気を顔に浴びて毛穴をしっかりと開きます。こうすることで汚れが自然に取れやすい状態になります。

 

(2)ぬるま湯で洗顔料を泡立てる
熱すぎるお湯は顔の必要な水分を奪ってしまいます。38度程度のぬるめのお湯で洗顔料をよく泡立てます。泡立てネットを使うとよりきめ細やかな泡が作れます。

 

(3)マッサージする、ただし顔には触らない
大きな泡を立てた後は顔を優しく撫でます。ただし自分の手で直接顔を触るとダメージになるので、あくまで泡で顔を包むつもりで優しく扱います。

 

以上のことを心がけると美しいお肌を保つことができます。